猛毒を持つ蜂の怖さ|早めの退治が必要不可欠

ねずみ対策のプロ

鼠

イエネズミは3種類

人類が家を作って居住するようになって以来、現在に至るまでねずみとの戦いが続いてきました。今はペットとして家族同様に愛されている猫も、元はねずみを捕獲するために飼われていた動物です。猫は生きたねずみ駆除用品とも言える存在ですが、現在では人間の知恵が生み出した方法に取って代わりつつあります。日本に生息するねずみは30種類近くあって、ノネズミとイエネズミに大別されます。このうち住宅に侵入して被害を与えるのがイエネズミです。イエネズミにはさらにドブネズミ・クマネズミ・ハツカネズミの3種類がいます。体長20センチ以上に達するドブネズミはこの中でも最も大きく、性質は獰猛です。家の外や下水道などに住んでいて、餌をあさるため家に侵入します。ハツカネズミは最大でも10センチ程度で最も小さく、農村地域に多いのが特徴です。都会に多いクマネズミは体長20センチ前後の中型で、壁や柱を垂直に移動できる能力を持ちます。そのため天井裏にも侵入し、騒音被害を起こすことがあるのです。住宅に住み着いているねずみの多くはこのクマネズミと見られます。ねずみの歯は一生伸び続けるため、家具や家電を齧られる被害も少なくありません。

プロのねずみ対策は徹底的

ホームセンターなどではねずみ駆除用品も多く売られており、こうした商品を使えば自分で駆除することも可能です。バネ式やカゴ式の罠は古くから存在しますが、現在では粘着シート式のねずみ捕りが主流となっています。他に毒餌を使う方法や忌避剤、超音波撃退装置なども売られています。そうした家庭用のねずみ駆除用品には効果の薄い商品も少なくありません。設置場所などに専門知識を要することから、素人が自力でねずみ駆除を徹底させることには限界があります。その点でねずみ駆除業者を利用すれば料金はかかりますが、その分だけ徹底的な駆除作業をしてくれます。業務用ねずみ駆除用品は効果が強力な上、プロはそれらの武器を的確に駆使しているのです。粘着シート式のねずみ捕りにしても、ねずみの移動ルートを正確に把握した上で広範囲に設置する必要があります。素人がやればそのへんが不徹底になるところを、ねずみ駆除のプロは多くの枚数を使って徹底させます。捕獲したねずみの死骸処理は嫌な作業ですが、ねずみ駆除業者に頼めば自分ですることもありません。侵入口を塞ぐ処理まで抜かりのないねずみ駆除を利用すれば、被害が再発する可能性も低くできるのです。